0229-22-8807
[受付] 9:00~20:00(月~土)

ハードディスクメーカーの変遷

PCやスマホ、タブレットなど、データを保持しておく重要な機能として記憶装置があります。
最近では、小型化、軽量化のため、半導体素子を利用した装置(SSD、メモリカード、USBメモリなど)も多く出回ってきていますが、やはり長い歴史と大容量である「ハードディスク」がその最たるものです。
1980~1990年代までは、日本でも大手企業はもちろん様々な企業がHDDを開発していましたが、海外への工場移設や価格競争などで、次第に淘汰されていきました。

主要HDDメーカの遷移

 

~1995年 1.シーゲイト 2.コナー 3.マックストア 4.クアンタム 5.サムスン
6.ウェスタン・デジタル 7.日立 8.IBM
9.東芝 10.富士通 11.その他(以降略)
1996年~ 1.シーゲイト(コナー買収) 2.マックストア 3.クアンタム 4.サムスン
5.ウェスタン・デジタル 6.日立 7.IBM
8.東芝 9.富士通
2001年~ 1.シーゲイト 2.マックストア(クアンタム買収) 3.サムスン
4.ウェスタン・デジタル 5.日立 6.IBM
7.東芝 8.富士通
2003年~ 1.シーゲイト 2.マックストア 3.サムスン
4.ウェスタン・デジタル 5.日立GST(日立、IBMのHDD部門統合)
6.東芝 7.富士通 
2005年~ 1.シーゲイト(マックストア買収) 2.サムスン
3.ウェスタン・デジタル 4.日立GST
5.東芝 6.富士通
2009年~ 1.シーゲイト 2.サムスン
3.ウェスタン・デジタル 4.日立GST
5.東芝(富士通買収)
2011年~ 1.シーゲイト(サムスン買収)
2.ウェスタン・デジタル 3.日立GST
4.東芝
2012年~ 1.シーゲイト
2.ウェスタン・デジタル/HGST(日立GST買収)
3.東芝(HGSTからOEM供給)

※順不同、数字には意味はありません。

1995年頃は、世界10社以上のHDDメーカーがありましたが、現在では主なメーカーは3社となっています。
あなたのPCのハードディスクは、さて、どこのメーカーのHDDが搭載されているでしょうか?